Search

払いすぎた税金が戻ってくる!確定申告のメリットと具体的な方法とは?

派遣に限らず、働いている人は毎月稼いだ収入から規定よりも多くの所得税が引かれていることをご存知ですか?
そんな払い過ぎた税金を回収できるのが、確定申告です。なんとなく「難しそう」「面倒くさそう」というイメージを抱いてしまいますが、知らないとものすごく損をしてしまうこともあります。特に中途採用でいくつもの会社を転々としがちな派遣スタッフは派遣会社によっては確定申告をしてくれない場合も多く、損していることも少なくありません。今回はそんな確定申告の仕組みや具体的な申告方法をご紹介したいと思います。

どうして戻ってくるの?

そもそも所得税というのは、毎月の給与に応じて定められた所得税が差し引かれるもので、実際の税金よりも多く引かれている場合が多いです。また、社会保険料や生命保険料への支払いをしている人は一定金額の所得控除も受けられるので、過分に支払っている所得税が還付されます。その過払い金を調整するために確定申告が存在するのです。

したほうがいい人・しなければいけない人

所得税が発生する年収103万円以上(毎月8万8000円以上)の人は確定申告の対象になります。該当する人は払い過ぎた所得税が戻ってくるので、必ず確定申告をしておきましょう。
しかし、確定申告は過払いの税金を回収できる“権利”として主張できる反面、仕事や収入状況によっては“義務”となる場合もあるので注意しましょう。
投資や株などネットビジネスで生計を立てている人は、配当をもらう際に配当控除を受けていることが多いので、確定申告をする義務があります。逆に、税金を納める必要が生じる場合もあります。
また、2000万円以上の収入を得ている人も義務の対象です。「知らなかった」では済まされないので、こまめに国税庁のホームページを確認し、税務署に相談しましょう。

具体的な確定申告の方法

では具体的にどのようにして確定申告を進めていけばいいのでしょうか?
いつ申請するの?
基本的に確定申告は年明け2月の中旬から3月中旬の1カ月間行われます。その時期を過ぎても申請することはできますが、後回しにしても面倒になるだけなので、この時期に必ず行くようにしましょう。
どこに申請するの?
確定申告は自分が住んでいる市町村の税務署に申請します。国税庁のホームページで書類を作成し、済ませることもできますが、初心者が申告書を書くのは難易度が高いのでおすすめしません。税務署に行けば、少々待ち時間はかかりますが、係員の人が手取り足取り教えてくれるので心配ありません。
なにが必要なの?
では、確定申告の際に何を用意すればいいのでしょうか?持参すべきものは「源泉徴収票」「印鑑」「還付金受け取り口座」「国民保険や生命保険などの控除証明書」「国民健康保険や年金などの支払い証明書」くらいです。特に保険の控除証明書を持っていくと、保険料にもよりますが最大で5万円ほど戻ってくることもあるので、必ず持参しましょう。

© 2017 最短派遣の情報 . All Rights Reserved.