Search

どうしても辞めたい!派遣期間中に迷惑をかけずに仕事を辞める方法とは?

近年、自分の希望する職種や仕事内容、時給や勤務地、勤務日時、勤務地に至るまで様々な条件でぴったりな仕事を探せる派遣のお仕事を始める人が増えています。
しかし、多くの人が自分に合った仕事を見つけて社会で活躍している反面、自分に合った仕事に巡り会わず、契約期間が終わる前に仕事を辞めたくなる人も少なくありません。
原則、契約した派遣期間中に円満に仕事を辞めることは難しく、少なからずの迷惑はかかってしまいます。また、相談や手続きを踏まずに無断で辞めてしまうと、派遣会社からの信用を失い、最悪の場合損害賠償を請求されるなどトラブルを抱えてしまうこともあります。そこで、今回は派遣期間中にどうしても辞めたい場合にできるだけ円満に辞められる方法をご紹介します。

まずは初回の契約で予防

多くの派遣で初回の契約は短い場合が多いです。そのため、まずは初回の期間で自分に向いているか判断することが予防策として重要になってくると思います。初回に結んだ短期の派遣期間を満了してから更新せずに退職すれば、トラブルもなく円満に辞めることができます。

1)就業規則を確認する

派遣期間や辞める手続きなどは全て、派遣会社と契約を交わした際の就業規則に明記されています。行動する前に自分の立場や派遣内容の仕組みについて頭に入れてから作戦を立てましょう。

2)派遣会社へ相談する

急ぐ気持ちはわかりますが、いきなり派遣先の職場に相談するのは危険です。仲介している派遣会社へ自分の不満や辞めたい理由を伝えた上で派遣会社のアドバイスを受けましょう。理由を上手く伝えられれば派遣会社ができるだけ円満になるように打診してくれるはずです。

3)1ヶ月前までに派遣先へ申請する

派遣先を辞める場合、後任探しや仕事の引き継ぎなど、なにかと時間や手続きが必要なので、就業規則にもよりますが、1ヶ月前までに申請する必要があるでしょう。その際、辞めたい理由をはっきり伝え、納得させなければいけません。「仕事が面白くない」や「職場の雰囲気にあわない」などの理由だけでは、契約解除は難しいと認識しておきましょう。それよりも早く辞めたい場合は、更に派遣先との相談が必要です。どちらにせよ、派遣会社を味方に付け、サポートしてもらうことが円満退社のカギとなるでしょう。

4)最後まで仕事や引き継ぎをやり遂げる

両社を納得させ、手続きが上手く済んだとしても気を抜いてはいけません。あなたには派遣期間まで仕事を全うする義務があります。担当している仕事や後任への引き継ぎを最後の日までやり遂げましょう。こればっかりは社会人としてのルールなので仕方ありません。
派遣先にどんなに不満があっても、今後の自分や仲介している派遣会社のために我慢しましょう。

© 2017 最短派遣の情報 . All Rights Reserved.