Search

職場見学というのは、派遣で働く前にはとても重要なこと

一般的に、派遣社員が派遣先の職場見学をしてから働くことを断るということは実際には認められています。
逆に、派遣先の企業が派遣社員を面接によって採用を断るということは禁止されているのです。
ですが、実際のところ面接という形を行っての採用を断ることは認められていないのですが、「職場見学」という形を取った場合は例外になってきます。
ですので、この「職場見学」が実際に必要だとされてる企業への派遣となった際は、事前に何かしらの準備をしておいたほうが身のためでもあるのです。
まず、1つの求人に同じ派遣会社から何人も顔合わせはできません。
でも、1つの求人に何社か競合させていることはまず間違いないのです。
企業側ができるだけ良い人材を取りたいのは当たり前ですから、何社か同じ求人を出して上がってきた人物からもっとも適している人を採用することになるのです。

見た目という部分が大きく左右されてくる

普通、1つの求人から他の派遣会社を含め最低でも3人の中から競合されて採用となってきます。
もし、この3人のスキルや人間性がほぼ同じとなった場合、やはり次に有利となってくるのが「見た目」という部分になってくるのではないでしょうか。
採用担当者というのは機械が行うのではなく、人間が採用を選ぶことになります。
言うまでもないと思いますが、一緒に働きたいと思われる人が採用の大きな基準となっているのです。
もちろん経験も見られますが、就業する部署でうまくやっていけるかもかなり重要になってきます。
結局のところ、第一印象でマイナスを与えないように身だしなみや挨拶、座り方、話し方など全部に気を付けなくてはいけないのです。

担当者に任せきりにするのもあまりよくない

基本的に、職場見学というのは一人で行くことはなく、派遣会社の営業担当がサポートしてくれることがほとんどとなります。
そこで注意が必要なのですが、この営業担当に全てを任せるのは絶対に良くないということです。
仮に、その営業担当のトーク術が下手であれば、そのマイナスの面は全て自分に降りかかるということを忘れてはならないのです。
営業担当のせいにしたところで何も解決しませんが、落ちたらまた他の仕事を探さなければいけないという点では何も前には進んではいません。
ですので、その職場で働きたいという意気込みは絶対に伝える必要があり、その意気込み次第で営業担当の手腕も変わってくるものでもあるのです。

© 2017 最短派遣の情報 . All Rights Reserved.