Search

派遣社員として働くには職場見学は避けて通れない

派遣のお仕事をする上で、職場見学というのは避けては通れない道となっています。
要するに、この職場見学をしっかりとパスした者にだけ働く道が開けるということなのです。
そもそも、この職場見学さえ上手くいかない人もたくさん存在してきます。
たとえば、勉強不足が上に職場見学を失敗する人がいます。
簡単にいえば、職場面談当日までに何も調べていない派遣社員がいるのですが、こういった人が不採用になる可能性が高いのです。
職場見学に出てくる相手は人事部や役職ありの社員が多く、人を採用するのに慣れているということから下調べをしていない派遣社員は一目で分かってしまうのです。
どういった会社なのか、何を主力商品としているのか、ぐらいはせめて下調べはしておいたほうがいいでしょう。

何でも任せきりにしている

職場見学で失敗する人の特徴というのは、本当に様々でたくさん存在するといわれています。
その中で、何でもかんでも任せきりにするという人がいるのですが、こういった人も失敗しやすい対象となってきます。
まず、職場見学は面接と違って派遣会社の担当者も同席します。
中には最初から最後まで担当者に任せようと考えている人もおり、全てを任せてしまうということは営業担当者の力量によって結果が左右されてしまうということでもあるのです。
エンジニア派遣の中には、当然のようにスキルや経験はあるが話をするのが苦手という人が多いように感じます。
とはいえ、営業担当者に話を進めてもらおうと考える人も多いのですが、そういったことはあまりないと思っていたほうがいいのです。
ですので、しっかりと自分の言葉で職務経歴や仕事に対しての自己PRはしておくべきでもあるのです。

軽く考えている

派遣は正社員より下だと見て、気持ち的に軽く考えている人が多いとされています。
この考えもかなり危険であり、そういった気持ちのまま職場見学に行ってしまうと確実に先方にバレしまうのです。
服装、清潔感、話し方、頭のキレ、返答の仕方、コミュニケーション能力など、細かい部分まで見極められていると思って臨むべきなのです。

コミュニケーション能力が低い

ここで言うコミュニケーション能力が低いというのは、単におしゃべりが大好きな人ということでもあります。
質問していること以外にも聞かれてない事を話し始めたり、会話が成立しないとマイナスポイントだということです。
これは、配属する部署の社員と上手くやっていけそうな人間性かどうかもチェックしていますので、面談担当者ともしっかりとコミュニケーションをとれるように細心の注意が必要となってくるのです。

© 2017 最短派遣の情報 . All Rights Reserved.